KYCが必要ないオンラインカジノってあるの?

オンラインカジノを利用したいと考える人も少なくありません。
特に近年ではコロナウイルスが流行ったこともあり、家にいる時間が長くなったことでオンラインを使ったサービスが人気になっています。
オンラインカジノを利用するのは良いのですが、1つ問題になってくるのがKYCです。

このKYCとは、いったいどのようなものなのでしょうか。
ここではKYCについて詳しく確認をしていきます。
またKYCが不要とされるオンラインカジノについても見ていきましょう。

KYCはなぜ必要なのか?

ではKYCとはなにかから確認していきます。
日本語にすると本人確認です。
オンラインカジノが合法的に運営するにはライセンスを取得しないといけません。
このライセンスには安全なカジノの運営を証明する必要があり、その一環としてすべてのプレイヤーに対してKYCを行なっているのです。

★第三者のクレジットカードなどを不正利用しているかどうか
★不正なカウントの操作などはあるのか

などのような不正行為を抑制するためにも、KYCは必須のものだと言えます。
またオンラインカジノによってはVIP会員制度があり、一定以上のランクになるとプレゼントが届くことがあるのです。
この時にKYCを行なっていないと、プレゼントをもらうことができません。

KYCなしでもオンラインカジノで遊べる?

オンラインカジノで遊ぶだけなら、アカウントがあれば問題ありません。
ただし入金はできても出金ができないなどの制限がつくのです。
他にもサービスに制限がついたり、様々なデメリットが生じてしまいます。
ですので原則として、オンラインカジノで十全に遊びたいのなら、KYCを行なっておく必要があるといえるでしょう。
ちなみに最近ではKYCが不要というオンラインカジノもあります。

KYCに必要な書類とは?

KYCを済ませるには、必要な書類を用意しないといけません。

★本人確認書類
★住所確認書類
★決済方法の証明

これらの書類すべてを写真で撮影して、データを送るという形をとっています。
では1つずつ詳しく見ていきましょう。

本人確認書類

本人確認用の書類では以下の項目が確認できる必要があります。

★本人の顔写真
★氏名
★生年月日
★発行された日付
★有効期限

基本的にオンラインカジノは海外の会社が運営していることもあり、運転免許証ではなくパスポートを推奨しています。
ただパスポートを持っていない、もしくは有効期限が切れているという人も多いでしょう。
そうした人は運転免許証や、マイナンバーカードで代用できます。

住所確認書類

住所確認書類の要項を満たす条件は以下の通りです。

★氏名
★現住所
★3ヶ月以内に発行されたもの

現住所はカジノに登録しているものと一致していないといけません。
該当する書類は以下の通りです。

★公共料金の請求書
★クレジットカードの明細書
★住民票

最近では住民票が簡単に取れるので、そちらを利用するのが無難です。

決済方法の証明

そのオンラインカジノで主に利用する決済方法の登録も行います。

★クレジットカード
★電子決済
★仮想通貨

以上のものが一般的でしょう。
クレジットカードは両面を撮影してください。
電子決済などの場合は以下の通りです。

★URL
★氏名
★アカウントのID

これらの情報がわかる画面のスクリーンショットが必要です。
ただしオンラインカジノによって対応が変わることがあるので、登録前にしっかりと確認をしてください。

KYCのないオンラインカジノはありますか?

原則としてオンラインカジノで遊ぶにはKYCが必要となります。
ですが最近ではKYCが必要のないカジノも出てきました。
例えば、新オンラインカジノとして話題のトゥルーフリップが代表的です。

先述したようにKYCはライセンスの関係で行われているものですが、例えば仮想通貨の場合はウォレットなどと紐付けされています。
そのため仮想通貨を専用としているオンラインカジノでは、KYCを行なう必要がないと判断をしているのです。
なぜなら紐付けがあるため、何かしらのトラブルがあった時はウォレットのアカウントを追えば良いためです。
日本円や米ドル、ユーロのような法定通貨を利用する場合は、KYCが必要になるケースがほとんどでしょう。
仮にKYCをしなくても良い場合でも、出金額などに何らかの制限がつきます。

KYCがないことによるデメリットもある

KYCがないことがメリットに感じる人もいるでしょう。
面倒な書類手続きをしなくてもすむためです。
しかしKYCが必要ないといっても、デメリットがあるのです。
1つは仮想通貨専用ではプレイできるゲームが少ないことでしょう。
また仮想通貨に対応しているゲームが少ないので、どうしても制限ができてしまうのです。
もう1つは運営側の目線が厳しくなる点があります。
基本的にKYCを行なっていないプレイヤーに対しては、運営側は不正などを行なっていないのかチェックを厳しくせざるを得ません。
そのため出金手続きを取ると、かなり詳しく履歴を調べられることがあるのです。
結果として見に覚えはなくても、不正と判断されるリスクがあります。

オンラインカジノにおけるKYCについてでした。
日本語にするとKYCは、本人確認という意味になります。
オンラインカジノが合法的に運営するためには、ライセンスの取得をしなくてはいけません。
このライセンスの関係で、原則として全プレイヤーからのKYCをとっているのです。
ただプレイするだけならアカウントがあれば問題ありません。
ですがKYCを行なっていないプレイヤーは、仮に稼いだとしても出金や利用できるサービスに大きく制限が設けられるのです。

やっぱりKYCは安全・安心して遊ぶには必要かもですね。

<<当サイト限定>>入金不要 登録ボーナスおすすめ